motolog

Everything I love in my life.

神泉の4席だけのアットホームなあたたかいカレー屋さん「マサカレー」

最近ハマっているカレー屋さんをご紹介。神泉駅から徒歩5分ほど、外からはひっそりと看板が見える程度。長い廊下を抜けると、わずか4席のアットホームなカレー屋さんが佇んでいる。店長のマサさん1人で回しているというこのお店。メニューは、 マサカレー 50…

グローバルな視点とはローカルを考えないという訳ではない

先日、とあるデザイン系のイベントに参加した。 参加者同士で話していると、いつの間にか「グローバル化」についての議論になっていた。初対面同士ということもあったし、その場では少し遠慮してしまったけれど、このままだともやもやするので、僕の考える「…

Rails3でflashにリンクを組み込む方法

flashでリンク出てきたほうが親切だなと思い、やってみました。 少しだけハマるとこありました。 # users_controller.rb def update link = "<a href=\"#{url_for(:controller => 'users', :action => 'show')}\">#{@hoge.name}</a>" if @hoge.save flash[:success] = "保存されました。#{link}".ht…

プログラミングと数学の証明の共通点

プログラミング初心者の雑感だけれど、たまにプログラミングは数学の証明と類似しているなーと思います。両者の共通項は次のような感じ。 解くべき問題の条件が与えられており、 証明すべき命題(完成形)を示すことが目的であり、 その道筋は当事者に委ねら…

Railsでサブドメイン間でログインを保持するためのセッション設定

Railsでサブドメインにアクセスすると、デフォルトの設定では、ログイン(セッション)が保持されません。解決策は以下の通りです。 ググると間違った(or 古い)情報も散乱していたので、惑わされないようにそちらも一応のせておきます。session_store.rbの…

Railsでカスタムサブドメイン-本サイトとサブドメイン間のURL設定

Railsでサブドメインを実装した際に、本サイトとサブドメインサイト間の受け渡しで少しハマりました。サブドメインサイトにいる状態で、root_path や root_url でリンク先を指定しても、本サイトではなく、そのサブドメインのトップに飛ばされます。この記事…

Railsでカスタムサブドメイン機能を実装する時のルーティング設定

運営中のサービス「BoxToYou(https://www.box2you.com)」でカスタムサブドメイン機能をリリースしました。いくつかハマったところがあったので、数回に分けてメモしていきまする。今回は、routingの設定とリンクの設定方法について。 (adsbygoogle = windo…

Rails - mockを使って1つの属性のみにvalidationを走らせてみる

ユニークなユーザー名やサブドメインを付与するときに、ajaxで入力されたその場で有効な値かどうかを判断してあげれば、ユーザビリティは向上するだろう。ツイッターなど大規模なウェブサービスでは実装されていることが多いかと思う。しかし、.valid? メソ…

Rails で jquery.cookie.js を使って閲覧履歴を表示してみた

jquery.cookie.js と Rails の cookies を使うと、簡単に履歴表示機能を実装することができた。 item オブジェクトが id 属性と name 属性を持っている場合の実装例を書いてみた。jquery.cookie.jsでクッキーを保存 $(function(){ var item = "<%= @item.id …

Facebookログインボタンを外したらコンバージョン率が3%アップしたという話

Eコマースを運営する上で、コンバージョン率はKPIの1つとなることが多い。それだけ、色々とA/Bテストが繰り返されている。ノルウェーの化粧品メーカーのA/Bテストの結果が顕著で面白かったので少し触れることにする。 原文:Facebook Login Reduces Ecommerc…

綺麗な英語に触れたかったら「The NEW YORKER」を読むといいかも

アメリカ在住も長い尊敬する友人2人が口を揃えておすすめするメディアがある。それが「THE NEW YORKER」。ウィットの利いた「うまい」文章が他と比べ圧倒的に多いとのこと。僕もたまに読んでいるけど、「ああうまいなあ」と楽しみながら読めたりする。たま…

渋谷・神泉の担々麺が最高にうまいラーメン屋「うさぎ」は1度は食すべき!

一度食べたらクセになる味。うさぎの担々麺はまさにその言葉にぴったりである。 渋谷道玄坂を登り切って少し進み路地を曲がると、ラーメン屋というよりもバーのような風貌の小さなお店が見えてくる。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「…

PDFコピペの文字化けで困った時はGoogle ドキュメントを使うと解決するかも

PDFでもらったデータをコピペしようとしたら、完全に文字化けしてしまった使いものにならない。ググってみると同じような問題に直面したことのある人は多くいるようで、様々な対処法が見つかった。テキストとして保存してみたり、PDFからWordに変換してくれ…

Pinterest風レイアウトがPinterest以外のサイトにおいて役立たずな理由

なるほどと思った記事があったのでシェアすることにした。 Why Pinterest-style infinite-scroll layouts are worthless for everyone except Pinterest | Stephen Corwin's Blog Pinterest風レイアウトとは、本家Pinterestに見られるように グリッド型の画…

スタートアップをやっている人が「若い」理由

VOYAGE GROUP さんのシェアオフィス BOAT に入居していることもあり、スタートアップ界隈の人達と接する機会が多い。そうする中で感じるのは、彼らが同年代の企業勤務の人に比べて「若い」ということだ。 厳密に言えば、「若く見える」と言えるかもしれない…

いつものものに加える「ちょっとした工夫」の大切さ

運営中のサービスに関係ありますが、ステマじゃないです。 純粋に、ビールコースターかっこいいなーと。 少し説明すると、これは、僕が今運営に関わっているサービス「BoxToYou」で販売されている「直輸入ベルギービールセレクトコース」の先月分の配送でつ…

世知辛い世の中か、チャンスにあふれた世の中か

サイバーエージェント、知られざる“膿出し” | 企業 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト この記事を読んで何を感じるだろうか? つい5,6年前には盤石とも思える地位を確立していたガラケーのゲームやアプリ。しかし、いまやその…

大学学部レベルでの専攻は「自主的にはやりたくないけど必要なもの」くらいでちょうどいい

さて、期末テストも佳境に入ってきた。週末は勉強漬けとなっている。 これはネガティブなことだろうか。否、僕が思うにこうして強制的に勉強させられる環境は貴重なものだ。 「めんどくさいと思いつつも勉強を強要される環境」はそうそうない。これは、チャ…

35年間の集大成。400人の大教室がOB・OGで溢れかえった最終講義。

35年間にわたりうちの大学で教鞭をとっていた教授の最終講義。OB、OGがあつまり400人も入る大教室で立ち見の人がいたほど。愛されてるなあ、としみじみ感じた。 始めに学部長が「一期生のみなさんよりも私のほうが若輩で…(笑)」といったことをおっしゃって…

広尾で本格派バーガーを食す!外国人で賑わう Burger Mania に行ってきた

なんといってもこの迫力! Avocado Cheese Burger. Awesome!! ただ、お肉の量は少なめだし、そこまで脂っこいわけでもなく、食べやすい。アメリカにあるようなジャンキーバーガーを狙っていた友人と僕の口からは「ちょっと控えめだったね」という言葉がでて…

横国のキャンパスって意外とおしゃれかもと思えてきた話

正門きれい。夏は緑も美しい。 学生支援センター シンメトリーな感じがいい。 夜の図書館はまた光がおしゃれで 帰り道。明かりのぼんやり具合がいい。 ちょっとおもったこと これらは、全て iPhone4 で撮影して Instagram で編集したもの。特に画質がいいと…

教育の未来を考える一冊。Khan Academy 創始者が語るこれからの教育のあるべき姿とは。

"The One World Schoolhouse"を読み終えた。 オンラインビデオ学習サービス「Khan Academy」の創始者 Salman Khan の熱がこもった一冊だ。 筆者は、アメリカの教育問題にとどまらず、世界全体の教育について語っている。オンラインビデオという媒体はそれを…

厚さ4cmのホットケーキ!鎌倉の老舗「イワタコーヒー店」に行ってきた

ホットケーキの老舗イワタコーヒー店に行ってきた。鎌倉駅から徒歩2分ほど。鶴ヶ岡八幡宮へと続く小町通りの入り口にひっそりと佇んでいる。 週末であったが、10分ほどで席には通された。人気店といっても、東京の観光地とはやっぱり違うんだなーと。 話…

© 2018 Motoki Yoshida