motolog

Everything I love in my life.

フリーテルからワイモバイルにMNP移行した理由

フリーテル(freetel)には2年間ほどお世話になっていたのですが、いくつかの理由があって他社への移行を検討していまして、このたびワイモバイル(Y!mobile)ユーザーになりました。

f:id:show_motto:20181008155818j:plain

今回は、その背景と決め手について参考にメモを残しておきます。

ちなみに、筆者は2012年頃に日本通信さんの b-mobile というSIMを使った頃からなかなか古くからのMVNO利用者です。

フリーテルから移行した理由

フリーテルはMVNOベンチャーとして非常に期待しており、それもあって2016年には乱立するMVNOの中からフリーテルを選びました。

その前はたしか DMM Mobile か何かを使っていました。大手キャリアからの移行でなかったこともあり、通信速度に不満はなく、料金的にも従量課金のプランにしていましたが月に2000〜3000円ほどということでそれなりに満足でした。

ただ、移行を検討し始めたキッカケとしては、フリーテルが楽天モバイルに救済される形で買収されその後ブランドとしても楽天モバイルに吸収されていく方向性になったことです。

現在、フリーテルユーザーに対して、楽天モバイルへの移行を促すキャンペーンメールが何度も送られてきています。解約手数料や初期契約料が無料になるといった魅力的なものですが、今回自分としてはゼロベースで考えてみることにしました。

また、先程は企業サイドの理由でしたが、個人的にも電話を利用する機会が増え、フリーテルのプランでは月額4000円台に達する月も出てきました。であれば、通話無料枠が付いているプランのほうがコスパ良いのではと考え、移行することにしました。

なぜワイモバイルにしたか

今回MVNOを選定するにあたっての条件は以下の通り。

must

  • 通話の無料枠が付いていること
  • 通信速度が早い(安定している)
  • テザリングが使えること

want

  • 初期費用が安い(キャッシュバック等あれば)
  • 月額料金が安い(当たり前ながら同条件なら安いほうがよい)

候補

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • マイネオ

一つ一つのファクターについて記述していくと長くなりそうなので省略しますが、まず通信速度という点では、大手キャリアのサブブランドという立ち位置のワイモバイルとUQモバイルが圧勝ですね。詳しくは以下の記事等を確認してみてください。

kakakumag.com

MVNOで慣れていたので速度はそこまで気にしないって思っていたのですが、周りの人の話を聞いていて「全然違う!」という意見が多数だったので今回の選定では意識してみることにしました。

また、通話の無料枠は多くのMVNO各社でプランがあるのであとはコストとのバランスと、専用のアプリを利用する必要があるMVNOは若干利便性で劣るので評価が下がります。例えば、mineoは「mineoでんわ」という10分かけ放題のオプションがありますが、専用アプリ「mineoでんわ」の利用が必要であり(つまりはIP電話の利用であり)、正直面倒です。楽天モバイルなんかも同じ仕組みです。

その点、ワイモバイルやUQモバイルは通常の通話アプリでそのままいけるので合格です。

UQモバイルの落とし穴、テザリング

さて、ここまでの話で、ワイモバイルとUQモバイルが選択肢となってきました。この2つ、正直最初は悩みました。

ただ、UQモバイルのテザリング可能端末を確認すると落とし穴が。。実は、最新の iPhone でテザリングができないのです。

2018年10月8日時点では、iPhone 8 以降の端末(iPhone8/Plus, iPhone XS/Max)でテザリングができません。これは。。親元である au のほうで顧客を獲得したいという意図なのでしょうか。

www.uqwimax.jp

というわけで、iPhone XS ユーザーの自分としては、UQモバイルは選択肢から消え、ワイモバイルにすることになりました。

ワイモバイルにしてみてよかったこと

ワイモバイルにして1週間ほどですが、結論移行して良かったなと思っています。理由は下記の通り。

  • 速度やっぱり全然早い(ストレスない)
  • 開通手続きも楽ちんだった(電話対応もよかった)
  • オンラインストアからの購入で毎月500円割引のSIM単体割なるものがあった
  • スマホプランMにしたが9GB/月使えて月額2500円(初め1年間のみだが)はコスト的にも◯
  • LINEの年齢認証ができた(他のMVNOだとできない)
  • 5000円キャッシュバックもあった

5000円キャッシュバックについては以下のリンクからいくともらえます。

速度が早いのが何より。そして開通手続きに関しては、通常はSIMカードが届いた翌日に手続きされるらしいのですが、届いた日に電話をしてみたところ、当日でOKとのことで、電話のあと1時間ほどで手続きが完了していました。

総じて、ワイモバイル大満足なので、周りの人にもどんどん勧めていきたいと思います。

最新機種のスマホ利用でない or テザリング利用しないという方は、UQモバイルも全然ありかと思います。

↓こちらのリンクからいくと13,000円キャッシュバックになるようです
【UQモバイル】

© 2018 Motoki Yoshida